三菱,広動作温度範囲CWDM 100Gb/sチップ開発

三菱電機は,光トランシーバー用として5℃から85℃で動作可能な半導体レーザーダイオードチップ「広動作温度範囲 CWDM 100Gbps(53Gbaud PAM4)EMLチップ」を開発し,11月1日にサンプル提供を開始する(ニュースリリース)。

この製品は,高光出力に優れる埋込型レーザーと,高消光比・広帯域に優れるハイメサ型変調器を同一チップ上に集積した独自のハイブリッド導波路構造を採用し,レーザー部および変調器部の設計パラメータを最適化することで,5℃から85℃の広動作温度範囲で53Gbaud PAM4の高速動作(発振波長:1271/1291/1311/1331nm)を実現した。

光トランシーバーにこのチップを4つ搭載することで,データセンターの400Gb/s光ファイバー通信を実現できる。また,広動作温度範囲の実現により,チップの冷却機構が不要となり,光トランシーバーの低消費電力化と低コスト化にも貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日
  • 古河電工,CPO用ブラインドメイト型外部光源を開発 2024年03月28日
  • NTT,マルチベンダでの400・800Gb/s相互接続デモ 2024年03月27日
  • 古河電工,前方励起ラマンユニットの信号品質を向上 2024年03月22日
  • 古河電工,デュアルポート励起光源の高性能化に成功 2024年03月22日
  • santec,小型トランシーバ用フィルタ/モニタ開発 2024年03月22日