エドモンド,光吸収ホイル&フィルムを発売

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,UVからIRまでの迷光や不要な反射を低減するイスラエルAcktar製「光吸収ホイル&フィルムロール」の販売を開始した(ニュースリリース)。

Acktarは,光学システムにおいて迷光や不要な反射の除去に最適な黒色光吸収材のメーカー。この製品は,25m長のロール上にMaxiBlack,Metal Velvet,Spectral Blackのいずれかの光吸収コーティングを採用しており,この完全に無機のコーティングは,UVからIRまでの広帯域性能を有するという。

ユーザーは,25m長の大判ロールを特定アプリケーション要件に応じて所定サイズにカットすることが可能。また,この製品は広い動作温度領域,高い振動安定性,そして低アウトガス性を有し,耐久性に優れ,過酷な環境下での利用に対して理想的になるとしている。

その他関連ニュース

  • FCCL用PIフィルム出荷量,2ケタ成長が続く 2021年08月06日
  • 三井化学と丹青社,彩度を向上するフィルムを開発 2021年05月19日
  • NPACら,太陽電池向け加飾フィルムを開発 2021年03月31日
  • 2024年円偏光板用位相差フィルム市場,352億円に 2021年03月31日
  • 東工大ら,光でフィルムの表面ひずみを計測 2021年03月04日
  • 2024年エネルギー分野のフィルム市場,983億円に 2021年03月02日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 産総研ら,最高レベルの低反射・防曇性構造体開発 2020年11月24日