ニコン,米金属3Dプリンティング企業を買収

ニコンは4月6日,米Morf3D Inc.の株式の過半数を取得し,子会社化したと発表した(ニュースリリース)。

Morfは,米カリフォルニア州に拠点を持ち,金属をレーザーを用いて積層する,アディティブマニュファクチャリング(AM)を行なう専業会社。特に,宇宙航空機関連部品の受託生産において全米トップクラスに位置付けられているという。

ニコンは,中期経営計画において注力する成長領域の一つとして「材料加工事業」を掲げており,2019年7月には「材料加工事業」をはじめとする新たな事業立ち上げを加速する目的で「次世代プロジェクト本部」を設立している。

同本部では,複数のユースケースにおいてその分野をリードする企業への戦略的投資や提携を通じた「材料加工事業」の拡大を企図しており,今回の出資もその戦略に基づくもの。

Morfは,欧米の主要な宇宙航空機メーカーの多くを顧客として持ち,必要な宇宙航空機関連の認証も取得しているという。ニコンは,Morfの株式の過半数取得後,同社が保有する事業基盤を活用し,「材料加工事業」の拡大を目指す。

具体的には,インターネット接続や地球観測画像の取得・分析の需要等から市場が急拡大している中小型衛星向けに,Morfが持つ顧客基盤とニコンの光加工機をはじめとする精密加工技術を組み合わせた,受託加工ビジネスの展開を行なっていく計画としている。

その他関連ニュース

  • 東北大,固体蓄電デバイスを3Dプリンティング 2021年04月02日
  • パナ,北米照明デバイス事業会社を売却 2021年03月19日
  • 日本電産,三菱重工工作機械と関連事業を買収 2021年03月17日
  • 凸版,イメージセンサーベンチャーを買収 2021年03月16日
  • 三菱重工機械の3Dプリンター,日本機械学会賞受賞 2021年03月16日
  • シャープ,液晶パネル製造子会社を売却 2021年03月02日
  • Lumentum,Coherentを買収 2021年01月20日
  • ブイテク,リソテックジャパンを完全子会社化 2020年12月21日