理研ら,低温下における量子もつれの新法則を発見

理化学研究所(理研),独マックス・プランク研究所,米カリフォルニア大学バークレー校は,量子力学に従う多粒子系(量子多体系)が有限温度下で示す「量子もつれ」に関する新たな法則を発見した(ニュースリリース)。

量子多体系が示す「量子熱平衡状態」のシミュレーションは,量子シミュレーションや量子機械学習の高速化において主要な役割を果たす。

「量子熱平衡状態」における量子もつれの性質は,「境界則」と呼ばれる普遍法則に従うことが知られている。これは,系を二つの領域に分割したとき,領域間の量子もつれの大きさが境界の大きさ(面積)に比例するという法則。

境界則は,室温下では普遍的に成り立つことが証明されている。一方,低温下では温度Tが絶対零度(0ケルビン)に近づくにつれて,温度の逆数(T-1)に比例して破れていくとこれまで考えられていた。

今回,研究グループは,境界則が従来の予想に反して温度Tの逆数の2/3乗(T-2/3)に比例して破れていくことを新たに示した。さらにこの性質をもとに,低温下での量子多体系の量子熱平衡状態をシミュレートする新手法を開発し,必要な計算時間を従来よりも大幅に短縮することに成功した。

研究グループはこの研究成果について,虚数の時間発展で生成される量子もつれに関する新たな知見を与えると同時に,量子シミュレーションや量子機械学習などの分野における効率的手法の開発にも貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • KEKら,ミュオニウムの微細構造をマイクロ波分光 2021年04月19日
  • 東大,量子多体系の30年来の難問を解決 2021年03月15日
  • 京大,量子もつれ光による赤外分光法を実証 2021年03月09日
  • 広島大,量子測定で得た物理量の取得方法を発見 2021年02月15日
  • 原研ら,重元素化合物中の電子集団の振舞いを計算 2021年02月09日
  • 京大ら,ダイヤモンド量子センサーの感度を拡大 2021年01月14日
  • 東工大ら,高周波信号の量子化分配器を実現 2021年01月08日
  • 東大ら,量子多体状態の普遍的性質を解明 2020年11月10日