オーシャンフォトニクス,ファイバ関連製品を販売

オーシャンフォトニクスは,米ファイバーガイドと日本における代理店契約を締結し,同社製品の日本における販売を開始した(会社HP)。

ファイバーガイドは,光ファイバの製造における40年以上の設計の専門知識と製造ノウハウにより,スタンダードな光ファイバから複雑なカスタム光ファイバまで幅広く対応する光ファイバ専門メーカーで,特殊な用途や需要のファイバを提供可能だという。

主な取扱製品には,光学的損失なしにモーダルノイズの平均化を行ない,スペックルを大幅に低減する「レーザスペックル低減装置」,ファイバ表面のナノ構造により反射防止特性が強化され,従来のARコートより高いレーザー誘起損傷しきい値を持つことができる「RAReMotheyeファイバ」,スクエアで均一な理想的なトップハット強度プロファイルを実現する「スクエアコアファイバ」,高温,ハイパワー,バンドル,特殊アセンブリ等を用途に応じて作製することができる「特注ファイバ」等がある。

今後,オーシャンフォトニクスはこれらの製品を,光測定関連の既存ユーザーに加え,レーザーデリバリー,センシング,太陽電池,医療診断,天体観測,分析装置,顕微鏡等の分野に対し販売していくとしている。

その他関連ニュース

  • 横河計測,高性能光ファイバ試験器を発売 2022年08月04日
  • KDDI総研ら,4コアで109Tb/sを3120km伝送 2022年03月28日
  • 古河電工,次世代小型MTフェルールを開発 2022年03月03日
  • 宇大,開発した赤外硬化樹脂で光素子を無調芯接続 2021年10月06日
  • 慶大,POFで53Gb/sエラーフリー伝送に成功 2021年09月27日
  • NEC,光ファイバセンシングソリューションを発売 2021年07月01日
  • NICT,4コアファイバで319Tb/s・3,001km伝送 2021年06月22日
  • 古河電工ら,海底向け4コアファイバで12000km伝送 2020年11月30日