理研ら,量子もつれの境界則に新法則を発見

理化学研究所(理研)と慶應義塾大学は,量子力学的に運動する多数の粒子系(量子多体系)において,最低エネルギー状態(基底状態)が持つ「量子もつれ」に関する新たな法則を発見した(ニュースリリース)。

量子力学に従う粒子系を二つの領域に分けたとき,「領域間の量子もつれの大きさは,その境界の大きさとほぼ同じである」という予想を「量子もつれの境界則予想」という。この予想は,これまで粒子間に働く相互作用が小さく粒子が独立に運動しやすい(短距離の相関が存在する)状況では,数学的な証明が存在した。

しかし,相互作用の種類や大小によって,境界則成立の可否がどのように左右されるのかは,長年の重要な未解決問題の一つだった。

今回,研究グループは,エネルギーギャップを持つ広範囲の1次元量子多体系の基底状態で,量子もつれが高エネルギー状態よりも小さいことを意味する境界則を証明し,そのメカニズムを明らかにした。

これにより,これまで境界則に必要と考えられていた相互作用の短距離性の条件が本質ではないことが示され,長距離まで届く強い相互作用があっても境界則が成立することが初めて明らかになった。

この研究により,量子もつれの境界則が広範囲な量子力学系で存在することが分かった。このことは,広範囲の系で,基底状態を探る数値計算を探索できることを示しているという。さらにこの成果は,境界則成立が重要になるテンソルネットワークを使った量子アルゴリズムや,量子計算,量子機械学習など多くの分野に重要な知見をもたらすものと期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換
    医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換 2024年05月24日
  • 理研ら,異次元ナノ半導体界面に潜む量子光源を発見 2024年04月12日
  • THERS,「量子フロンティア産業創出拠点」支援認定 2024年02月26日
  • 青学,超蛍光でレーザー光の瞬間強度を7桁以上増強 2024年02月22日
  • 京大ら,世界最大の超広帯域量子赤外分光を実現 2024年01月19日
  • 広島大,量子チェシャ猫が文脈依存による逆説と実証 2024年01月05日
  • 神大ら,五重項の室温量子コヒーレンスの観測に成功 2024年01月05日
  • 京大ら,複数光子の量子状態の実現と検証に成功 2023年12月25日