NECら,大容量光海底ケーブルにシステム供給

NECとOLL(NTTなどが出資する特定目的会社)は,シンガポール,マレーシア,ミャンマー,タイ,インド(ムンバイおよびチェンナイ)を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「MIST」のシステム供給契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

「MIST」は総延長距離約8,100kmで,最新の光波長多重伝送方式を採用し,設計容量は216Tb/s以上。2022年末の完成を目指す。

アジア地域では,データセンターの増加やモバイル・5Gサービスの普及,SNS・Eコマース・企業向けクラウドサービスの拡大など,デジタルへの投資が加速している。

このケーブルの敷設により,こうした通信需要の増加に対応するとともに,最新の光伝送技術を活用することで,アジア地域のネットワークの冗長性の向上,信頼性の高い通信の実現に貢献するとしている。

NECは陸上に設置する光伝送端局装置・光海底中継器・光海底ケーブルなどの製造,海洋調査とルート設計,光海底ケーブルシステムの据付・敷設工事、訓練から引渡試験まで,全てをシステムインテグレータとして提供している。

ケーブルの製造は,日本で唯一,深海8,000mの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社であるOCCが担当する。

その他関連ニュース

  • KDDI研,入力した光信号のSN比を9倍向上 2021年07月27日
  • NICTら,ミリ波無線を簡素化する光・無線技術開発 2021年07月15日
  • PETRA,IC・ファイバー間の3次元光配線を開発 2021年07月05日
  • KDDIら,4コアファイバで7,200kmリアルタイム伝送 2021年06月25日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • NICT,4コアファイバで319Tb/s・3,001km伝送 2021年06月22日
  • NTT,IOWNを支える光アクセス網構成法を確立 2021年06月21日
  • 古河電工,広帯域用Micro-ITLAと対応LDを開発 2021年06月15日