理研ら,シリコンスピン量子ビットを高速読み出し

理化学研究所(理研),東京工業大学の研究グループは,シリコン量子ドットデバイス中の電子スピンの高速読み出しに成功した(ニュースリリース)。

超並列計算を実行する量子コンピューターではさまざまな物理系を用いた研究が進められているが,なかでもシリコン量子ドット中の電子スピンを用いた「シリコンスピン量子コンピュータ」は,高精度制御に優れることに加えて,既存産業の集積回路技術と相性が良いことから,大規模量子コンピュータの実装に適していると考えられている。

しかし,シリコンスピン量子コンピュータ実現に向けて解決すべき課題の一つとして,量子ビットの高速かつ高精度な読み出しがある。

通常,単一電子スピンの向きの直接的な測定は困難なため,量子ビットの読み出しは,量子ビットの情報をスピン電荷変換によって測定が容易な電荷状態に変換し,電荷検出することで達成している。

これまでの研究により,スピン電荷変換を高速かつ高精度に実行する技術は確立しており,高性能な電荷検出技術の開発が急務となっていた。

今回,研究グループは,高周波反射測定法が適用可能なシリコン量子ドット試料の設計を明らかにした。量子ドット構造は,シリコンスピン量子コンピューターで一般的に用いられている,シリコン/シリコンゲルマニウム量子井戸基板上に金属微細加工を施すことで作製した。

この量子ドットを用い,スピン量子ビットの読み出しが高速かつ高精度であるかを調べたところ,実際に99%以上の精度を維持したうえで読み出し時間を10分の1に改善することに成功した。

この成果は,近年進展が著しいシリコンスピン量子コンピューターの今後の試料設計に指針を与え,基本原理検証を超えた大規模化に向けた研究開発をより一層加速させるものとだとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,超伝導体でスピン配列の制御を実現 2021年09月07日
  • 市大,省コストな量子化学計算アルゴリズムを開発 2021年09月03日
  • 東大ら,中赤外光パルスで超高速磁気異方性を制御 2021年09月02日
  • 東北大ら,トリプロンのスピン流伝搬を実証 2021年09月01日
  • 東大ら,新奇磁性体を発見するデザイン則を開発 2021年08月31日
  • 阪大ら,3個以上のスピンが揃った多電子を読出し 2021年08月23日
  • 東北大,常温で量子情報の3D画像の観察に成功 2021年08月19日
  • 理研ら,機械学習により「量子スピン液体」を解明 2021年08月18日