日本アビオ,研究用熱解析ソフトウェアを発売

日本アビオニクスは,赤外線サーモグラフィの熱画像データを高速に収録し,熱解析を容易にかつ効率化できる研究用途向け「高機能 収録・解析ソフトウェア ATS-R」を2019年12月末に発売する(ニュースリリース)。

近年,自動車の高機能化や情報機器の小型化・多機能化に伴い,電子部品の小型・高性能化が一段と進んでいる。電子部品の発熱は性能・信頼性を低下させる要因であり,部品や基板の放熱設計は,確かな「ものづくり」の重要な鍵となっている。

このソフトウェアは,赤外線サーモグラフィカメラ「R550/R450」シリーズの熱画像動画収録・ファイル編集,熱解析を簡単かつ効率的に行なうことができ,ハイパフォーマンスな機能で研究開発における熱設計や高度な熱解析・検証の効率化に寄与するという。

直感的にわかりやすい操作画面,熱挙動の速い現象を確実に捉えるトリガ収録機能,大容量の動画データから必要なシーンの選定や分割を容易にするファイル編集機能,熱画像を差分処理表示し時系列で比較できる解析機能など,計測・収録・解析・レポート作成までをトータルでサポートするとしている。

その他関連ニュース

  • 農研機構,イチゴの生育センシングシステムを開発 2022年05月17日
  • 東大,確率分布で細胞画像解析の精度を向上 2022年04月06日
  • 日本アビオ,組込用サーモカメラモジュールを発売 2022年02月01日
  • 産総研ら,非接触検温の基準となる黒体装置を開発 2022年01月19日
  • コニカミノルタ,連続温度測定ソリューション開発 2022年01月12日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 東大ら,はいまわる細胞の形をAIで数理的に描像 2021年08月18日
  • DNP,粒子画像解析ソフトを開発 2021年06月03日