日立ら,画像認識による商品検索システムを構築

日立製作所とイオンモールの研究グループは,複数の店舗が集まるショッピングモール向けに,入居店舗の取扱い商品情報を自動収集し,店舗横断で商品を一括検索できるシステムの実証実験を開始する(ニュースリリース)。

このシステムでは,各店舗会社が独自に運営するEC(Electronic Commerce)サイトから商品の画像・概要・価格などの各種情報を自動収集してショッピングモールの商品データベースを構築し,モール内に設置された端末からデータベースに蓄積された商品を検索できるサービスを提供する。

これにより,実店舗がショッピングモール専用の商品データベースを構築・管理することなく,顧客はモール内の端末でキーワードを入力するのみで,ショッピングモール内での商品の一括検索を行なうことが可能になるという。

このシステムは,日立が開発した高速類似画像検索技術「EnraEnra(エンラエンラ)」を搭載しており,検索した商品や,顧客のスマートフォンに保存された画像に似た商品(形や色など)を検索して一覧表示することができ,類似商品の比較検討が行なえるという。

「EnraEnra」とは,画像自体から,色分布や輝度勾配パターンの分布などの情報を数値ベクトル化した「画像特徴量」を自動的に抽出し,それをもとに類似画像を検索する技術。画像に関連するキーワード情報が付与されてない画像データも検索することが可能となる。

さらに,購入したい商品の販売店舗の場所を表示することや,おすすめ商品やタイムセール情報も確認できるという。これらにより,顧客の買い物の利便性向上,およびショッピングモール内店舗での購買機会向上への貢献をめざすとしている。

その他関連ニュース

  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • キヤノン,非接触測長計を発売 2021年05月10日
  • 理科大ら,近赤ハイパースペクトル画像で腫瘍識別 2021年02月03日
  • 三菱ケミ,画像解析CoEを発足 2021年02月02日
  • 三菱ら,金属表面から内部亀裂を推定するAIを開発 2021年01月25日
  • 東急建設ら,画像処理でトンネル工事事故防止 2020年12月08日
  • 東芝,カメラでバラ積み領域を世界最高精度で推定 2020年12月01日
  • 東工大,手首のカメラでゼスチャー認識 2020年10月23日