2022年シリコンウエハ出荷面積,過去最高に

SEMIは,2019年9月30日(米国時間),半導体向けシリコンウエハ出荷面積の年次予測を発表した(ニュースリリース)。

これによると,2019年の出荷面積は,過去最高記録となった前年から6%減となるが,2020年には再び成長に転じ,2022年には過去最高記録を更新すると予測する。

2022年までのシリコンウエハの需要予測では,ポリッシュドウエハおよびエピタキシャルウエハの合計出荷面積が2019年に117億5,700万平方インチ,2020年に119億7,700万平方インチ,2021年に123億9,000万平方インチ,2022年に127億8,500万平方インチとなる。

2019年は,業界が累積した在庫と需要の低迷に対処するため,出荷面積は減少すると推測する。しかし2020年に業界は安定し,2021年,2022年に成長の勢いを取り戻すと予測している。

 ■ 2019年半導体用シリコンウエハ* 出荷面積予測 

  実績 予測
2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年
シリコンウエハ面積(100万平方インチ) 11,617 12,541 11,757 11,977 12,390 12,785
年成長率 9.8% 8.0% -6.3% 1.9% 3.5% 3.2%

*電子グレードシリコンウエハ(ノンポリッシュドウエハは含まず),太陽電池用シリコンは含まない。

その他関連ニュース

  • 東大ら,高品質な超伝導体/半導体の接合に成功 2022年09月27日
  • 立命大ら,パワー半導体の開発とバンドギャップ制御 2022年09月12日
  • 阪大ら,ビア底界面のナノボイド発生抑制に成功 2022年08月23日
  • 北大,UVナノインプリントの樹脂設計に新知見 2022年08月09日
  • 北大ら,半導体洗浄時のナノ構造物の倒壊挙動解明 2022年07月29日
  • ラムリサーチ,EUVドライレジストでエコシステム 2022年07月14日
  • 岡山大ら,層状の半導体を大面積・高品質合成 2022年07月08日
  • 名大ら,ウエハーの転位・ひずみの分布を可視化 2022年06月30日