NEC,画像認識でスポーツ選手のケガを予防

NECは,ジャパンラグビートップリーグのリコーブラックラムズと,選手の日々の身体コンディションを把握・管理してケガを未然に防止するために,アスレティックトレーナー(AT)の業務支援ツールとして同社の「フィジカルチェックシステム」を活用する実証実験を8月から開始した(ニュースリリース)。

このシステムは,画像認識技術を用いてスポーツ選手の柔軟性・筋力の計測およびケガ予防のリスク評価・分析を行なうもの。この実証を通して同社は筋力,関節可動域データと身体のコンディション不良に関するデータを蓄積するとともに,痛みやケガの発生との相関関係における分析を行ない,2019年度内の実用化を目指すという。

近年,スポーツをする上で,ケガや故障を未然に防ぐという考え方が主流になっており,重症化を防いでスポーツを長く楽しむためには,定期的に身体の状態を評価・分析し,ケガのリスクを最小化することが重要となる。

このような考え方のもと,これまでスポーツ選手のコンディション管理やケガ対策は専属のATを中心に行なわれてきたが,一人ひとりの全身の身体状態のチェックを行なうには多大な時間やATの配置などが必要となり対応に限界があった。また,ATの判断も個人差があり,ノウハウの数値化や均一化に課題があったという。

今回,ブラックラムズに所属する選手の体調管理について,クラブハウスに設置したKinect(赤外線レーザーでパターンを対象物体に投影し,三角測量により画像上の各点の距離を算出する3Dセンサー)等を活用した同システムで選手の映像分析を行ない,日々の身体コンディションチェックを行なう。

選手自身が約3分程度で計測を行なうことが可能で,結果は選手のスマートフォン等に表示される。監督,コーチ,担当ATなどのチームスタッフは選手の計測・評価データを閲覧でき,選手のコンディションや改善が必要な箇所の把握・処置の強化などを行なうという。

その他関連ニュース

  • 筑波大,キックの違いをモーションキャプチャー 2022年09月06日
  • 慶大ら,スマホの持ち方をフロントカメラで推定 2022年04月28日
  • 凸版,新たなトレーニングシステムを構築 2021年11月02日
  • 岡山大,PCによる手軽な画像自動分類AIを開発 2021年10月19日
  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • キヤノン,非接触測長計を発売 2021年05月10日
  • 理科大ら,近赤ハイパースペクトル画像で腫瘍識別 2021年02月03日
  • 三菱ケミ,画像解析CoEを発足 2021年02月02日