2021年,300mmファブ製造装置投資額は600億ドル

SEMIは,9月3日(米国時間),300mmファブの製造装置投資額が,2019年は減少するものの2020年に緩やかに回復し,2021年には600億ドルと過去最高記録を更新するとの予測を発表した(ニュースリリース)。

この予測は,SEMIが発行した最新の「300mm Fab Outlookレポート」に基づくもの。これによると,投資額は2022年に一度減少するが,2023年には再び増加に転じるとしている。

2019年から2023年の5年における製造装置への投資増分の大半は,メモリー(主にNAND),ファウンドリ/ロジック,パワー半導体製造用となる。地域別の投資額では,韓国が首位となり,台湾および中国が続くが,ヨーロッパ/中東,東南アジアも順調に拡大すると予想する。

また,稼働中の半導体ファブ/ラインの数は,2019年の130から2023年の170と30%以上急増する見込み。実現性の低いファブ/ライン計画も含めると,200近くにまで増加するとしている。

その他関連ニュース

  • JST,ロータス金属による沸騰冷却技術を成功認定 2021年09月21日
  • 阪大ら,THzでGaNウエハーを非破壊・非接触評価 2021年09月16日
  • 半導体前工程製造装置,連続して過去最高額を更新 2021年09月15日
  • 2021年Q2,半導体製造装置販売額は48%増加 2021年09月08日
  • 産総研ら,大口径SiCウエハーの高速研磨に成功 2021年09月01日
  • 阪大ら,次世代半導体の新規価電子制御法を提案 2021年08月26日
  • 2021年Q2シリコンウエハー出荷面積,前期比6%増 2021年07月29日
  • 2030年パワー半導体市場,20年比144.3%の4兆円超 2021年06月21日