ソニー,4Kイメージセンサー2種を商品化

ソニーは,今後のスマートシティの拡大を踏まえ,防犯・防災,交通,商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュリティカメラ向けに,イメージセンサー2種「IMX415」「IMX485」を商品化することを発表した(ニュースリリース)。サンプル価格は,「IMX415」が2,500円,「IMX485」が10,000円(いずれも税抜)。

セキュリティカメラは,さまざまな場所での需要の増加を背景に,設置場所を選ばない小型でかつ高い画像認識・検知性能がより一層求められており,今後のAIによる画像認識を用いた異常検知や行動解析においても,そのニーズは顕著になることが想定される。

「IMX415」は,世界最小1/2.8型で4K解像度を実現するCMOSイメージセンサー。独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し,画素サイズを従来比約80%の1.45um角に微細化することで,1/2.8型の小型でありながら,低照度性能が従来のCMOSイメージセンサーに比べて1.5倍向上した。

また,低ノイズ回路を搭載した積層型構造を採用することで,暗いシーンでも鮮明な映像の撮像が可能となるという。1/2.8型は,小型で設置場所を選ばず,セキュリティカメラ用途で需要の高いラインナップとなる。

「IMX485」は,4K解像度で高い低照度性能を実現する,1/1.2型のCMOSイメージセンサー。画素サイズを従来比2.1倍の2.9um角にし,最新の画素技術を適用した低ノイズ化により,低照度性能が従来のセキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサーに比べて3.3倍と飛躍的に向上した。これにより,暗いシーンでも物体を正確に検知し撮像できるという。ハイエンドの4K対応セキュリティカメラ向けに,新たなイメージセンサーの光学サイズとなる1/1.2型を提案している。

その他関連ニュース

  • Basler,「ace2」シリーズに新モデルを追加 2021年10月20日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • ams OSRAM,使い捨て内視鏡用カメラを発表 2021年08月02日