東大,光触媒でアルツハイマー物質を酸素化

東京大学の研究グループは,高活性を有する新たな光酸素化触媒を開発し,光酸素化によるタウ凝集抑制効果を明らかにした(ニュースリリース)。

アルツハイマー病(AD)の特徴的な病理学的所見の1つに,タウタンパク質が凝集し異常なアミロイドを形成して細胞内に蓄積する神経原線維変化が挙げられる。このタウアミロイドの形成・蓄積とその病理の広がりが,ADにおける認知機能低下と相関することから,その阻害がAD治療戦略の1つと考えられている。しかし,未だAD根本治療法開発には至っていない。

これまで研究グループでは,アミロイドに対する酸素原子付加によってアミロイド形成を阻害する戦略を考案し,光刺激により酸素化反応を誘導する光酸素化触媒を開発してきた。

今回,より酸素化活性の高い新規触媒の開発に成功し,in vitro(各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境)においてタウアミロイドの選択的な酸素化が可能であることを明らかにした。

さらに培養細胞において,酸素化によりタウアミロイド形成誘導能が減少することを明らかにし,タウアミロイドの病理形成の広がりをも阻害できる可能性が示唆されたという。研究グループは,今回の研究成果は,光酸素化触媒を用いたADに対する新規根本治療戦略の提示に繋がることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 横市大ら,タンパク質の抗体結合で解析をアシスト 2021年04月20日
  • 東大,アルツハイマー光認知症療法の基礎技術開発 2021年04月14日
  • 東北大ら,光と分子で細胞内の蛋白質を自在に連結 2021年04月08日
  • 東大,原核生物が光で水素イオンを取込む構造解明 2021年03月30日
  • 東大,触媒と光で脳のアルツハイマー原因物質除去 2021年03月29日
  • 京大,金属ナノ粒子で光触媒の光還元を高効率化 2021年03月11日
  • 筑波大,光で繊毛運動を調節するタンパク質を発見 2021年03月01日
  • 九工大,開発した光触媒が新型コロナに有効と確認 2021年02月18日