コーニング,AR用300mm高屈折率ガラスウエハーを発表

米コーニングは,拡張現実(AR)デバイスメーカー向けに最適化した300mm径ガラスウエハーを開発したことを発表した(ニュースリリース)。

この製品は,複数の屈折率を用意し,現行製品の中で最大サイズの高屈折率ガラスとなる。同社はこれまで,半導体業界向けに最適化した300mm径ガラスウエハーを供給してきた。

今回,最大フォームファクタの高屈折率ガラスを発売することで,半導体業界同様,AR業界の顧客にとっても製造コスト削減につながることが見込まれるという。同社は,今年一杯,この製品の生産量を増やしていく予定としている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,ガラスのドミノ倒し的結晶化を解明 2021年05月10日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 金沢大ら,ダイヤモンドウエハーの平坦技術を開発 2021年04月21日
  • 東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得
    東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得 2021年04月12日
  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • 東大ら,超親水性の「ナノすりガラス」を開発 2021年03月30日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日
  • AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用 2021年03月18日