フジクラ,200µmファイバー実装の光ケーブルを拡充

フジクラは,200µmファイバーを実装した光ケーブル「Wrapping Tube Cable®(WTC®)」の製品ラインナップを拡充した(ニュースリリース)。

同社はこれまで200µmファイバー実装のWTCは3456心と6912心をリリースしてきたが,今回新たに864心と1728心を販売開始した。

近年,動画配信やクラウドサービスが普及する中,5GやIoTに対応するため,光ファイバーネットワークのさらなる大容量化が求められている。特に世界の大都市では地下管路の不足が顕在化し,限りあるスペースにより多心を布設したいという要求が強まっている。

これらのニーズに対応するため,同社独自技術の12心間欠接着型光ファイバーリボン「Spider Web Ribbon®(SWR®)」に200µmファイバーを適用することで,250µmファイバーを適用した従来のWTCと比較して細径化,軽量化を実現したという。

200µmファイバーSWRは,250µmファイバーSWRとファイバー間の整列ピッチを揃えた構造。そのため,200µmSWR相互の一括融着のほか,汎用の250µmファイバーリボンや250µmSWRとの一括融着接続においても,既存の融着接続機を利用することが可能とする。さらに,新規に200µmファイバーリボン専用の融着接続機を購入する必要がなく,施工費用を抑えることに寄与するという。

また,細径かつ軽量であることから長尺巻きが可能となり,融着点削減や輸送費削減にも貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日