オリンパス社員,顕微鏡加工法で黄綬褒章を受章

オリンパスのグループ会社である長野オリンパス製造1部技能道場長の藤原政治氏が,平成30年度秋の褒章において,「黄綬褒章」を受章することとなった(ニュースリリース)。伝達式は11月14日に行なわれる予定。

黄綬褒章は,農業,商業,工業等の業務に精励し,他の模範となるような技術や事績を有する個人に授与される。同氏は,長年カメラ,内視鏡,顕微鏡および医療機器の金属加工業務に従事してきた。

今回,医師のニーズに応える手術用顕微鏡のキーパーツ・ヘリコイドという手術用顕微鏡のピント合わせを行なうための部品の加工法開発,2μm以下の微細な加工が必要な生物用顕微鏡の高精度対物レンズ部品の加工法の確立,技能を生かした後進育成と社会貢献活動の3点が高く評価され,受章となった。

その他関連ニュース

  • SCREENのUV-LED直接描画装置,発明表彰を受賞 2021年11月04日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • 第24回光設計賞,受賞者決定 2021年09月06日
  • エプソン,プロジェクターで内閣総理大臣賞を受賞 2021年05月25日
  • 光協会,「創立40周年記念功労者表彰受賞者」発表 2021年05月11日
  • NEDO,「省エネルギー技術開発賞」を表彰 2020年12月15日
  • 第36回櫻井健二郎氏記念賞の受賞者が決定 2020年12月03日
  • パナ大嶋氏,光学関連技術で旭日小綬章を受章 2020年04月30日