工学院,新型レーザーでセシウム同位体を可視化

工学院大学は,新型レーザーを開発し質量顕微鏡へ実装することで,放射性セシウムの同位体別可視化に成功した(ニュースリリース)。2018年4月25日からパシフィコ横浜で開催される国内最大級の光技術展示会「OPIE’18」内の専門展示会の1つ「レーザーEXPO」にこの新型レーザーを出展する。

今回,原発事故によって発生した放射性セシウムを同位体別に高感度で可視化するための高繰り返し波長可変レーザーを,科学技術振興機構(JST)の支援のもと開発し,質量顕微鏡(FIB-TOF-SIMS)へ実装した。これにより世界で初めて,肉眼では見えない微粒子中の放射性セシウムの同位体別可視化に成功した。

このレーザー実機を,4月25日よりパシフィコ横浜で開催される国内最大級の光技術展示会「OPIE’18」における7つの専門展示会のひとつ「レーザーEXPO」に出展し,その応用例について紹介する。

その他関連ニュース

  • 光響,100Wレーザーエングレービングを発売 2021年05月18日
  • 原研,LiDARとカメラ等で原発の3Dマップを作成 2021年05月17日
  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • 理科大ら,HSIで肝臓中の脂質濃度を可視化 2021年03月25日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日