エドモンド,低価格OCTシステムを発売

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,米Lumedica社の一体型高分解能OCTイメージングシステム「OQ LabScope」の発売を開始した(製品ページ)。

この製品は,非常に高価で複雑なシステムを安価に代替できるもの。130万円を下回る価格により,これまで価格の折り合いがつかなかった科学者,研究者,教育者達にとって購入可能なものとなっている。一方,安価ながらも高価なシステムと同等の分解能,フレームレート,出力スペックを持っている。

840nmの中心波長で発振するレーザーを用いており,空気中では2.8mmの深さ,また組織内では2mmまでの深さの検査に適している。5µmの軸方向分解能と15µmの横方向分解能があり,これは高価なユニットの性能に匹敵する。

コンパクトなサイズとコンピューター統合,そして直感的操作を可能にするGUIの採用により,ラボや現場での使用向けに最適。どの経験レベルのユーザーにとっても使いやすく,生体試料イメージングやサンプルの特徴付け,またOCTの教育用にも適している。

システムとのインターフェースを備えている垂直移動ステージ付きのスキャナースタンド,大型モニター,及びワイヤレスのマウス/キーボードを含む,オプションのワークステーションパッケージもラインナップ。全品在庫販売体制により,短納期での供給が可能だとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,OCTAが緑内障手術の効果予測に有効と発見 2021年09月09日
  • 医科歯科大ら,糖尿病網膜症を青色レーザーで検出 2021年09月07日
  • 愛媛大ら,QCLでたんぱく質の局所高次構造を検出 2021年08月23日
  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • 宇大,深層学習による画像の雑音除去を開発 2021年08月19日
  • 東北大,常温で量子情報の3D画像の観察に成功 2021年08月19日
  • 東大ら,網膜層厚から緑内障視野を予測 2021年08月18日
  • 関医,肝・胆道がんの診断・治療に新手法を開発 2021年08月17日