NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発

情報通信研究機構(NICT)は,量子コンピューターでも解読が困難な格子理論に基づく新暗号方式LOTUS(ロータス)を開発した(ニュースリリース)。

LOTUSは,暗号文の復号の際にその構造をチェックする機能を持っており,現在の公開鍵暗号と置き換え可能な汎用性も有している。さらに,格子理論に基づく暗号技術の安全性評価手法を同時に開発し,複数の格子暗号同士を統一的な基準で比較することが可能になった。

LOTUSは,量子コンピューターでも解読が難しい耐量子性を持ち,また,ブラウザ,データベースなどに組み込み可能な汎用性を持つといった特長がある。そのため,暗号の専門家でなくても安全に使うことができる。

近年の量子コンピュータの発展に伴い,これら新しいタイプのコンピューターでも解読が困難な耐量子計算機暗号の標準化が急務となっている。米国国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology: NIST)が現在の暗号方式を置き換える耐量子計算機暗号を世界中から公募していたが,今回,書類選考を通過した69件の候補が公開された。

NICTで開発した暗号方式もこの候補の一つ。今後数年かけて,これらの候補の評価・選定が行なわれる。

その他関連ニュース

  • NEC,5G/6G向け光ファイバ無線システムを開発 2024年06月20日
  • 東工大ら,サブテラヘルツ帯CMOS ICで640Gb/s伝送 2024年06月19日
  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • 医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換
    医科歯科大ら,光子と人工原子の量子ビットを交換 2024年05月24日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日