NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発

情報通信研究機構(NICT)は,量子コンピューターでも解読が困難な格子理論に基づく新暗号方式LOTUS(ロータス)を開発した(ニュースリリース)。

LOTUSは,暗号文の復号の際にその構造をチェックする機能を持っており,現在の公開鍵暗号と置き換え可能な汎用性も有している。さらに,格子理論に基づく暗号技術の安全性評価手法を同時に開発し,複数の格子暗号同士を統一的な基準で比較することが可能になった。

LOTUSは,量子コンピューターでも解読が難しい耐量子性を持ち,また,ブラウザ,データベースなどに組み込み可能な汎用性を持つといった特長がある。そのため,暗号の専門家でなくても安全に使うことができる。

近年の量子コンピュータの発展に伴い,これら新しいタイプのコンピューターでも解読が困難な耐量子計算機暗号の標準化が急務となっている。米国国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology: NIST)が現在の暗号方式を置き換える耐量子計算機暗号を世界中から公募していたが,今回,書類選考を通過した69件の候補が公開された。

NICTで開発した暗号方式もこの候補の一つ。今後数年かけて,これらの候補の評価・選定が行なわれる。

その他関連ニュース

  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 東大,汎用性と拡張性を持つ光量子プロセッサ開発 2021年11月15日
  • 阪大,プラズモンで量子インターフェースを効率化 2021年11月12日
  • NTT,次世代暗号を適用したネットワークを構築 2021年11月09日
  • 兵県大ら,Beyond 5G/6G向け最速アルゴ開発 2021年11月09日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日