NTT,既設ファイバーで400Gb/sマルチバンド伝送に成功

日本電信電話(NTT)は,西日本電信電話と協力し,現在広く敷設されている光ファイバーケーブルにおいて,伝送路の中継器に「オールラマン光増幅技術」を適切に用いることで,400Gb/s信号のマルチバンドでの光伝送に成功した。さらに,既存帯域の信号に影響を与えずに新しい帯域の信号を追加できることも確認した(ニュースリリース)。

通信の大容量化を実現する手段の1つとして,光ファイバーの使用可能帯域を拡大するマルチバンド化(Cバンド+Lバンドなど)がある。分散シフト光ファイバー(DSF)ケーブルを用いた波長分割多重(WDM)光伝送でマルチバンド化を行なう際には,拡張帯域(Cバンド)に波形歪みの原因となる零分散波長が存在し,その付近で非線形効果(特に,四光波混合)の影響により信号が劣化する。

そのため,非線形効果の影響を回避する手段として,Cバンドの信号波長配置を不等間隔にする方法が実用化されていたが,等間隔配置に比べて波長間隔が広がるため周波数利用効率が低くなる課題があり,大容量化の制限となっていた。

今回NTTは,既存帯域(Lバンド)と拡張帯域(Cバンド)の両方の光信号を「オールラマン光増幅技術」を適用することにより,既設のDSFケーブルを用いてWDM光伝送の波長間隔を等間隔にしたまま,十分な伝送マージンを確保して200km伝送することに成功した。

既存帯域と拡張帯域とを合わせて,使用可能帯域は2倍になる。実験では400Gb/s信号を,16QAM変調した2波長を多重することで構成した。

四光波混合による信号劣化は,伝送路中の光パワーに依存するため,低い光パワーで伝送できるほど低減することができる。オールラマン光増幅技術は,一般的なEDFAを用いた光増幅に比べ,伝送路中の信号光パワーを低くして伝送することができる。この技術を用いて,Cバンドにおいても波長間隔を等間隔に配置したまま非線形効果を抑制し,周波数利用効率を高めることができた。

また,ラマン増幅を用いる場合,高いパワーの励起光を用いるため安全面への配慮が必要となる。今回はIECの基準に則った実用レベルの安全性を確保しつつ,実証実験を実施した。さらにラマン光増幅を適切な条件で制御することで,Lバンドに配置している光信号の伝送品質に影響を与えずにCバンドに光信号を増設できることを確認した。

これにより,既設ファイバーにおいてマルチバンド化する際,新たなCバンド光信号をインサービスで追加収容可能なことを確認できた。

NTTは今後,400Gb/s信号のマルチバンド光伝送並びにオールラマン光増幅技術を含めた大容量光伝送技術の研究開発を引き続き推進し,経済的かつ大容量なネットワークの実現をめざす。今回の成果は,既設ファイバーを用いたデータセンタートラヒックの収容など,超大容量伝送が必要とされるさまざまな分野への展開が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工,超低消費電力ラマン増幅器用励起光源開発 2024年07月03日
  • NEC,5G/6G向け光ファイバ無線システムを開発 2024年06月20日
  • 東工大ら,サブテラヘルツ帯CMOS ICで640Gb/s伝送 2024年06月19日
  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日