ソニー,超短焦点4K HDRプロジェクターを発売 

ソニーは,超短焦点ホームシアタープロジェクター初の4K HDR対応モデル「VPL-VZ1000」を4月22日に発売する(ニュースリリース)。価格は2,200,000円。

この製品は,壁際の至近距離から100インチ,最大120インチの4K HDR映像を投写し,迫力ある大画面の高画質な映像を楽しめる4K超短焦点ホームシアタープロジェクター。リビング空間などのインテリアにも調和しやすいシンプルなデザインで設置性にも優れており,チェストやリビングボードの上に置いて使用できる。

光源に,青色レーザーと蛍光体を組み合わせたシステム「Z-Phosphor」を採用。高い光の利用効率を誇る4K液晶ディスプレイデバイス「4K SXRD」と組み合わせることで,2,500 ㏐の光量で,技術的に高い難易度が求められる,高輝度と高コントラストを両立する。全体の明暗の差が大きいHDRの映像も,暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まで鮮明に表現する。

ネイティブ「4K SXRD」パネルの搭載により,被写体の輪郭や微妙なディテールまでクリアに,高精細の4K映像で映し出す。さらに,同社が十数年培ってきた「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」も搭載し,フルHDの映像も,画像に合わせて最適に超解像処理(4K映像へのアップコンバート変換)を行ない,きめ細やかで高品位な4K映像を再現する。

その他関連ニュース

  • リコー,ポケットサイズプロジェクターを発売 2021年12月14日
  • 東工大ら,マーカー無しで高速運動物体へ映像投影 2021年12月02日
  • 神大ら,子供の成長を促す投影システムを開発 2021年10月13日
  • 島津,マイクロフォーカスX線検査装置を発売 2021年09月14日
  • カシオ,プロジェクターの「組込領域」事業を開始 2021年08月24日
  • ソニー,単露光でダイナミックレンジ8倍のセンサ 2021年07月01日
  • 金沢大ら,4K-3Dビデオ顕微鏡による手術を提唱 2021年06月14日
  • ソニー,4K HDRプロジェクターを発売 2021年04月19日