JASRI,X線で昆虫の羽ばたきの分子現象を観察


高輝度光科学研究センター(JASRI)は,SPring-8の強力なX線と高速X線回折像記録法の組み合わせにより,昆虫の速い羽ばたきの毎回のストロークを開始させる速い分子現象を精密に捉えることに成功した(ニュースリリース)。

昆虫は小さいほど羽ばたきの周波数が高く,蚊の場合は1秒間に500回も羽ばたく。このような速い羽ばたきは,昆虫の飛翔筋(羽を動かす筋肉)がもつ「伸張による活性化」という性質による。これは,飛翔筋が外から引っ張られると,即座に大きな力を出して引っ張り返す性質のこと。

今回,SPring-8の強力なX線を用い,飛翔筋が引っ張られたときに最初に起こる速い分子現象を精密に捉えることに成功した。この分子現象が,生きて羽ばたいているハチの飛翔筋内で起こっていることは既に明らかにしていた。

今回はハチから取り出した筋細胞を1ミリ秒の間に急速に伸張させることにより,その分子現象がほかの細胞内の構造変化より遥かに早く,伸張とほぼ同時に起こることを明らかにした。これは上記の分子現象が,以前発表で予想したとおり,伸張による活性化の引き金であるという考えを強く裏付けるもの。

この成果は,他の生物では不可能な昆虫の高速羽ばたきの仕組みを理解するうえで極めて重要なステップであると同時に,昆虫に類似した伸張による活性化の機構を利用しているといわれるヒトの心筋の働きなど,筋肉一般の収縮機構の理解に大きく役立つものだとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,X線回折法でGaN結晶中の3次元歪み場を検出 2024年06月13日
  • FBRIら,X線照射を造血幹細胞の再生医療に応用 2024年06月11日
  • 東大ら,タンパク質間相互作用を超高解像度で可視化 2024年06月10日
  • 名大,ミトコンドリア内膜の特性を蛍光寿命で解析 2024年05月30日
  • 東大ら,高精細・高感度なX線イメージセンサを作製 2024年05月13日
  • 【解説】究極のX線観察を実現,原子レベルで形状可変なミラーとは 2024年05月09日
  • 東北大ら,X線タイコグラフィの空間分解能を向上 2024年05月09日
  • 都立大ら,蛍光XAFSにTESを適用しウラン分布を把握 2024年04月10日