東北大,メラニン色素の可視化ツールを開発

東北大学は,メラニン色素を可視化する新しいツールの開発に成功した(ニュースリリース)。

有害な紫外線から体を守るメラニン色素は,メラノサイトの内部に存在するメラノソームと呼ばれる特殊な小胞(袋)の中で合成されている。メラノサイト内で形成されたメラノソームは,隣接する皮膚を作る細胞・ケラチノサイトへと受け渡され,そこで沈着することによって肌の暗色化(日焼け)が起こる。

メラノサイト内でのメラノソームの輸送の仕組みに関しては,ここ十年ほどでかなりの部分が解明されたが,メラノサイトからケラチノサイトにどのようにメラノソームが運ばれるのかは未解明だった。

メラノサイト内のメラノソーム輸送に比べ解析が遅れている理由の一つとして,ケラチノサイトに受け渡されたメラノソームのみを効率良く顕微鏡で観察することが困難であることがある。

メラノサイト内のメラノソームを観察する抗体などのツールは幾つか知られているが,これらのツールではケラチノサイト内のメラノソームを効率良く認識することができなかった。

今回,研究グループはメラノソーム輸送を行う新規分子の探索過程で,偶然ケラチノサイトのメラノソームも認識できる分子を見出し,メラニン色素を可視化する『M-INK』と名付けて新しいツールの開発に成功した。

この開発により,ケラチノサイトに受け渡されたメラニン色素を3次元的に観察することが可能となり,メラノサイトからケラチノサイトへのメラノソームの受け渡しの分子機構の解明が飛躍的に進むことが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,ドローン撮影から果樹枝構造を抽出・可視化 2023年01月30日
  • 基生研,内耳の有毛細胞とニューロン活動を顕微観察 2022年12月22日
  • 阪大ら,細胞接着タンパク質の相互作用を可視化 2022年12月16日
  • 京大,小分子の体内での移動を可視化する方法を開発 2022年12月02日
  • 埼玉大ら,オジギソウの虫害防御高速運動を可視化 2022年11月15日
  • 早大ら,放射化イメージングで薬物動態の可視化へ 2022年11月10日
  • 早大ら,雷雲のガンマ線イメージングに成功 2022年10月03日
  • 自治医大ら,蛍光タンパクで機能するDNA組換え酵素 2022年09月26日