SEMI,Q3/16 のシリコンウエハ出荷面積は増加と発表

SEMIは,11月8日(米国時間),シリコンウエハ業界の分析結果をもとに,2016年第3四半期(歴年)の世界シリコンウエハ出荷面積が2016年第2四半期から増加したと発表した(ニュースリリース)。

2016年第3四半期に出荷されたシリコンウエハ面積は27億3,000万平方インチで,2016年第2四半期の27億600万平方インチから0.9%増加し,四半期の出荷面積では過去最高となった。また,前年同期比でも5.4%の増加となった。

SEMIによれば,世界のシリコンウエハ需要は今期も成長を続け,年初から第3四半期までの出荷トレンドは,わずかながら昨年を上回ったという。

■ 半導体用シリコンウェーハ*  出荷面積四半期毎動向 (百万平方インチ)

2015年
第3四半期
2016年
第2四半期
2016年
第3四半期
2015年
第1-3四半期
2016年
第1-3四半期
2,591 2,706 2,730 7,930 7,973

* 太陽電池用のシリコンは含まず

その他関連ニュース

  • ニコン,半導体デバイス用ArF液浸スキャナー開発 2021年10月20日
  • イービーム,フォトマスク売上高増加を予測 2021年10月05日
  • 2027年,ワイドバンドギャップ半導体市場325億円 2021年09月29日
  • 半導体前工程製造装置,連続して過去最高額を更新 2021年09月15日
  • 2021年Q2,半導体製造装置販売額は48%増加 2021年09月08日
  • 阪大ら,次世代半導体の新規価電子制御法を提案 2021年08月26日
  • 2021年Q2シリコンウエハー出荷面積,前期比6%増 2021年07月29日
  • TEL,次世代EUV露光装置に塗布現像装置を導入 2021年06月11日