理研,電流パルスで磁壁をトラップする技術を開発

理化学研究所(理研),物質・材料研究機構の共同研究チームは,電流パルスにより磁壁を決まった位置に素早く止めるトラップ技術を理論的に発見した(ニュースリリース)。

高密度の次世代不揮発性メモリで磁気抵抗メモリ(MRAM)やレーストラックメモリが注目されている。レーストラックメモリは,断面の直径がnmサイズの細線上に電流パルスを流し,多数の磁壁を移動させることによって演算や情報処理を行なう。

電流パルスにより磁壁を動かす技術はすでに確立しているが,磁壁をある決まった位置に素早く止めるトラップ技術はまだ確立していない。トラップの方法としてはこれまで,細線に“くびれ”を作り,くびれの幾何学的な「ピン止めポテンシャル」を用いる方法が議論されてきた。

しかし,ナノメートルサイズの細線に多数のくびれを均一に作ることは非常に難しく,多数の磁壁を確実にトラップし,また必要なときにそれらを開放することは実現していなかった。

研究チームは今回,幾何学的なくびれを用いずに磁壁をトラップする新しい理論を提案した。この方法では、「ラシュバ型スピン軌道相互作用」と呼ばれる相対論的効果を利用する。この相互作用は重い金属の表面や界面で現れるもので,磁性体の磁気モーメント(あるいはスピン)と電流を強く結合させる働きがある。

磁壁をトラップすべき位置に,この相互作用を局所的に作用させることにより,電流パルスを流した際に強い局所的磁場を発生させる。研究チームはその際に,磁壁に対して強いピン止めポテンシャルが発生することを利用し,動いている磁壁を確実に決まった位置にトラップすることができることを理論的に示した。

ラシュバ型スピン軌道相互作用の導入は,重い金属の薄膜を積層させることで容易にかつ精度よく実現することができる。そのため,この研究で示した理論はレーストラックメモリなどの多数の磁壁の制御に基づいた次世代メモリの実現を前進させると期待できるとしている。

関連記事「東工大,分子配向制御で省電力高密度メモリーに道」「富士通と米Nantero,CNT不揮発性メモリ「NRAM」を共同開発」「東北大,0.5nsで書換え可能な不揮発性磁気メモリを実証

その他関連ニュース

  • 産総研ら,超伝導体でスピン配列の制御を実現 2021年09月07日
  • 東大ら,中赤外光パルスで超高速磁気異方性を制御 2021年09月02日
  • 東北大ら,トリプロンのスピン流伝搬を実証 2021年09月01日
  • 東大ら,新奇磁性体を発見するデザイン則を開発 2021年08月31日
  • 阪大ら,3個以上のスピンが揃った多電子を読出し 2021年08月23日
  • 東北大,常温で量子情報の3D画像の観察に成功 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 京大ら,従来の理解を超越するスピン物性を発見 2021年06月14日