東芝とアルパイン,ドローン事業で提携

東芝とアルパインは,従来からの車載分野などでの協業に加え,産業用ドローンによる電力インフラの巡視・点検サービス分野において提携関係を構築することで合意したと発表した(ニュースリリース)。

東芝が持つ画像処理技術やIoT技術と,アルパインが持つ地図情報連携技術や車載システムインテグレーション技術を融合した,ドローンによる電力インフラ事業者向けの巡視・点検システムを,2017年度中の実用化を目指して開発する。

現在,電力インフラ事業における送電線や鉄塔の巡視・点検では,習熟した保全作業員による目視点検が主流となっている。しかし,ドローンを使用することで,高所の送電線や鉄塔上部の画像を撮影することができ,迅速な状況把握・作業時間の短縮・安全性が向上する。

アルパインの航行制御技術(GPS,ジャイロ機能,地図情報連携など)でドローンを安全に効率良く飛行させ,撮影した点検対象物の画像を画像処理・分析・検出の仕組みを構築した東芝のIoT基盤上で処理することにより,送電線のアーク痕などの要点検箇所を短時間で検出可能にする。

両社は,国内外のさまざまな社会インフラ設備・施設にドローンを活用した巡視・点検サービス事業を展開していくとしている。

その他関連ニュース

  • 理研,細胞の画像から状態を推定する基盤技術を開発 2022年12月27日
  • 東北大ら,新たなコンクリート塩分濃度測定技術を開発 2022年12月22日
  • 古河電工,インフラ向けレーザー表面処理事業を開始 2022年12月07日
  • オフィール,ドローン向けMWIRズームレンズを発表 2022年09月22日
  • 群大,ドローンに下げたスクリーンへの投映技術開発 2022年09月22日
  • 東北大ら,レーザーと3D画像で埋設物を可視化 2022年07月29日
  • 慶大ら,スマホの持ち方をフロントカメラで推定 2022年04月28日
  • OKI,電源不要の高感度インフラ監視カメラを発売 2022年03月18日