日本電気硝子,薄型・曲面対応タッチセンサーシートを開発

日本電気硝子は,かねてより進めていた超薄板ガラス(製品名:G-Leaf®)に微細な黒色銅配線のパターンを形成した静電容量型タッチパネル用センサーシートの開発に目途がついたと発表した(ニュースリリース)。

薄型で曲面への対応も可能なガラス基板と銅配線の組み合わせは世界初としている。

開発したタッチセンサーシートの特長は以下の通り。
1 優れた視認性
2 優れた電気特性による操作性の向上
3 大型タッチパネルへの対応
4 高耐久性(耐熱,耐候,長寿命)
5 曲面への対応

関連記事「2016年静電容量車載タッチパネル世界市場,前年比148.0%の1,601万枚」「富士フイルム,タッチパネルフィルムで日化協技術賞受賞」「パナソニック,車載用 「静電容量方式 曲面タッチパネル」を量産化

その他関連ニュース

  • シャープ,4Kタッチディスプレー3機種を発売 2024年03月25日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 筑波大ら,圧力下でのガラス相転移機構を解明 2023年12月11日
  • 東北大ら,不規則なガラス構造に潜む規則性を発見 2023年11月22日
  • 原研ら,シリカガラスの詳細な原子構造を明らかに 2023年11月17日
  • 中部大,熱の流出入を減らせる透明薄膜フィルム開発 2023年09月08日
  • 東大,ガラスのモデル液体の挙動に疑問符 2023年08月09日