日本電気硝子,薄型・曲面対応タッチセンサーシートを開発

日本電気硝子は,かねてより進めていた超薄板ガラス(製品名:G-Leaf®)に微細な黒色銅配線のパターンを形成した静電容量型タッチパネル用センサーシートの開発に目途がついたと発表した(ニュースリリース)。

薄型で曲面への対応も可能なガラス基板と銅配線の組み合わせは世界初としている。

開発したタッチセンサーシートの特長は以下の通り。
1 優れた視認性
2 優れた電気特性による操作性の向上
3 大型タッチパネルへの対応
4 高耐久性(耐熱,耐候,長寿命)
5 曲面への対応

関連記事「2016年静電容量車載タッチパネル世界市場,前年比148.0%の1,601万枚」「富士フイルム,タッチパネルフィルムで日化協技術賞受賞」「パナソニック,車載用 「静電容量方式 曲面タッチパネル」を量産化

その他関連ニュース

  • 東北大ら,金属ガラスの遷移にデカップリング観測 2021年06月23日
  • 国連,2022年を「国際ガラス年」と宣言 2021年06月21日
  • 東大ら,ガラスのドミノ倒し的結晶化を解明 2021年05月10日
  • 東大ら,超親水性の「ナノすりガラス」を開発 2021年03月30日
  • 日本エアロのタッチレスセンサー,JALが採用 2021年03月23日
  • AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用 2021年03月18日
  • 日板,抗菌・抗ウイルス機能ガラスコートを開発 2021年03月18日
  • 理研,約3μmの超薄ガラス作成 2021年03月11日