コーニング,Gorilla Glassの新製品を開発

米コーニングインコーポレイティッドは,スマートフォン向けカバーガラス「Corning® Gorilla® Glass 5」を発表した(ニュースリリース)。

このカバーガラスは,日常のデバイス落下破損に対する保護性能を更に高めるべく作られた。実際に,粗く過酷な表面の上へ,デバイス落下試験を行った結果,この製品は競合品のカバーガラスと比較して最大4倍の耐久性を示したという。

具体的には,1.6mの高さから画面を下にして粗い表面に落下させる試験を行なったが,この製品は,最大80%が破損を免れた。これは,競合ガラスを大幅に上回る数値だとしている。

新製品は,前世代の「Corning Gorilla Glass」をベースとして,更に独自の特性を備えている。カバーガラスは,モバイル機器のコンテンツをタッチ,入力,スワイプするインターフェースとなるもので,消費者は,カバーガラスに対して,耐傷性,光学的透明性,タッチ感度,そして落下に対する保護性能を期待している。

新製品は,今年度後半迄には使用が可能となり,グローバルブランドのメーカーのデバイスに順次搭載される予定だという。

その他関連ニュース

  • 日本電気硝子,ガラスセラミックスコア基板を開発 2024年06月05日
  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日
  • 東大,ガラスとゲルのエージング現象の違いを解明 2024年04月16日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 筑波大ら,圧力下でのガラス相転移機構を解明 2023年12月11日
  • 東北大ら,不規則なガラス構造に潜む規則性を発見 2023年11月22日