開発成果を事業と関係づける2つのコツ

代表的な5つの定数
代表的な5つの定数

(何を,誰に,いくらで買ってもらうのですか?)

企業で行われる技術開発の目的は,何らかの事業成果を生み出すことです。もちろん,直接ユーザのお金と交換される商品だけでなく,社内使用のために開発される技術もあります。しかし,最終的にはお金,というか事業成果に繋がるはずです。

このように考えられるので,技術開発に関係のあるコンサルテーションでは,関係者に「何を,誰に,いくらで売るのですか」という質問をさせて頂くことがあります。例えば「何を」が決まれば「誰に」も「いくらで」も決まるはずです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 色々なコミットメント 池澤 直樹 2021年07月15日
    • 司会業・仲裁業・発掘業 池澤 直樹 2021年06月30日
    • モノゴトの多重利用 池澤 直樹 2021年06月15日
    • 経営指標への期待 池澤 直樹 2021年05月27日
    • 予測稼業も揮発する
      予測稼業も揮発する 池澤 直樹 2021年05月17日
    • オプトエレクトロニクスの新景観
      オプトエレクトロニクスの新景観 池澤 直樹 2021年04月30日
    • ブルー・オーシャン
      ブルー・オーシャン 池澤 直樹 2021年04月15日
    • オプトエレクトロニクスの新チャンピオン 池澤 直樹 2021年03月30日