白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用

1. はじめに

試料に刺激(ポンプ)を与えて,その刺激を光(プローブ)の透過率変化で検出する方法,ポンプ・プローブ法において,光源の強度揺らぎ(強度雑音)を除去して信号雑音比(S/N)を向上させる方法を述べる。特に,白色プローブ光の分光計測に適用できるのが特徴である。本稿では若手研究者の挑戦という題目に即して,過去と現状の困難な点,失敗や解決法を述べる。

2. 導入

2.1 ラマン散乱の概要
分子の運動は,並進と回転,原子間の結合長や結合角の振動に分けられる。結合長や結合角の振動は分子振動と呼ばれる。分子振動のエネルギー状態は離散的であり,振動(エネルギー)準位と呼ばれる。分子振動に関わる結合の部位とその寄与の大きさ,結合の振動の位相に応じて,様々な振動モードがあり,それぞれのモードに応じた振動準位がある。この振動モードは光で励起することができ,励起する光子のエネルギーは通常,単位cm–1の波数で示される。この波数と観測される信号(通常,ある波数周囲で強度を持つベル型の振動バンド)の大きさの関係を分子振動スペクトルという。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和 2021年04月15日
    • 金属微細構造作製技術とプラズモニクス応用 静岡大学 小野 篤史 2021年03月10日
    • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
    • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日
    • 自然な光を用いる瞬間カラー多重ホログラフィーと蛍光顕微鏡応用 (国研)情報通信研究機構 田原 樹 2020年12月01日
    • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
    • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
    • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日