島津,新興国向け紫外可視分光光度計を発売

島津製作所は,業界最速クラスの29,000nm/min(可視光領域における測定は約3秒)でデータ取得が可能な超高速スキャン機能を新たに導入した紫外可視分光光度計「UV-1900」を4月16日に発売した(ニュースリリース)。

この製品は,試料を透過あるいは反射した紫外・可視光を検出することで,主に物質の同定や定量を行なうことができる同社製品の新興国での需要拡大を受け,コストパフォーマンスや操作性,各国規格への対応,充実した管理機能を充実させて開発したもの。

最速29,000nm/min(可視光領域における測定は約3秒)でデータ取得が可能な超高速スキャン機能を新たに導入。繰り返し測定を行なうことで,短時間で化学反応するサンプルの変化過程を分析できる。また,同社上位機種同様,分光能力に優れた自社製の低迷光回折格子を採用しており,高精度な定量分析や低濃度成分の検出もできる。

分解能1nmを達成しており,各国の薬局方に対応した分析が可能。また,標準の制御用ソフトウェアやオプションの「LabSolutions UV-Vis」を同社の分析データシステムへ接続すれば,米国FDAの電子記録・電子署名に関する規則「FDA 21CFR Part 11」などに対応した環境で,各種クロマトグラフや赤外分光光度計など,ラボ内の当社製分析装置と一括してデータを管理できる。

「LabSolutions UV-Vis」は,品質管理業務で頻繁に紫外可視分光光度計を利用するユーザー向けのソフトウェア。設定した条件に従ってデータの良否を判定する機能を備えている。表計算ソフトウェアへのデータ転送や複数データの一括テキスト書き出しも容易で,他社製解析ソフトウェアユーザーの作業効率向上にも貢献するとしている。

同社ではこの製品を,ソフトウェア「LabSolutions UV-Vis」との組み合わせも生かし,2018年度に全世界で3,300台以上販売する計画。

その他関連ニュース

  • 日立ハイテクサイエンス,光学部材用分光装置発売 2021年04月21日
  • 京大,量子もつれ光による赤外分光法を実証 2021年03月09日
  • 理研,水表面の10兆分の1秒の界面化学反応を観測 2021年02月09日
  • 量研ら,「歩き回る水素」をレーザーで可視化 2020年11月27日
  • トプコンテクノ,2D分光放射計を発売 2020年10月08日
  • 東工大,系外惑星の組成を特定する観測法を提案 2020年10月07日
  • 富山大ら,水中の分子間伸縮振動を観測 2020年10月06日
  • 東大ら,高真空・低温のアモルファス膜構造を解明 2020年09月09日