東大ら,cAMP濃度を可視化するタンパク質センサーを開発


東京大学,理化学研究所,群馬大学,早稲田大学の研究グループは,生命現象に関わる重要な分子であるcAMPの細胞内の濃度変化を可視化解析できる赤色蛍光タンパク質センサーの開発に成功した(ニュースリリース)。

環状アデノシン一リン酸(cyclic adenosine monophosphate: cAMP)は細胞において,ホルモン分泌や記憶形成などの重要な生理現象を制御する。研究グループはこれまで,細胞内の cAMP動態を可視化するため,緑色蛍光タンパク質を基盤とした単色輝度変化型cAMPセンサーを開発してきた。

しかし,他の多くの単色蛍光タンパク質センサーも緑色蛍光タンパク質由来であることから多重色イメージングへの適用が困難である点,また観察に青色の励起光を必要とするため,青色光で活性化される光遺伝学技術と併用できない点が課題だった。

今回研究グループは,赤色蛍光タンパク質を基盤としたcAMPセンサーを開発し「Pink Flamindo」(Pink Fluorescent cAMP indicator)と命名した。このタンパク質センサーは試験管内において,cAMPに応答して蛍光強度が約4.2倍上昇し,培養細胞内においてもcAMP動態を検出することができた。

また青色光照射によって光活性化アデニル酸シクラーゼが誘導するcAMP産生や,緑色Ca2+蛍光センサーG-GECOと共に使用することで細胞内のCa2+とcAMPの2色同時観察にも成功した。さらに生きたマウス脳内でのアストロサイト内cAMP動態の可視化にも成功した。

以上の結果から,今回開発したPink Flamindoは,細胞内におけるcAMPを含む多分子間の階層的機能相関を解析する多重色イメージングへの適用が可能。さらに光遺伝学や生体内イメージング技術などと組み合わせることで,イメージング研究の発展に大きく寄与することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 熊本大ら,微量のがん細胞で発光強度の増大に成功 2021年09月01日
  • 熊本大,蛍光で細胞周期阻害物質を探索 2021年08月27日
  • 阪大,バクテリア由来の発光タンパク質を高光度化 2021年08月24日
  • 愛媛大ら,QCLでたんぱく質の局所高次構造を検出 2021年08月23日
  • 阪大,細胞内を0.1℃で計る蛍光タンパクを開発 2021年08月23日
  • 阪大,マシンビジョンで細胞100万個同時観察 2021年08月20日
  • 宇大,深層学習による画像の雑音除去を開発 2021年08月19日
  • 東北大,常温で量子情報の3D画像の観察に成功 2021年08月19日