阪大ら,ゲルマニウム中のスピン散乱の詳細を解明


大阪大学と東京都市大学の研究グループは,次世代の半導体チャネル材料として応用が期待されている「ゲルマニウム:Ge」と,高性能なスピントロニクス材料を高品質に接合した微小スピン素子を用いて,ゲルマニウム中のスピン流伝導におけるスピン散乱現象の詳細を明らかにした(ニュースリリース)。

これまで、電流を伴わない純スピン流をゲルマニウム中に生成し,輸送・操作・検出という一連の過程を高い信頼性で電気的に検出した報告は非常に少なく,そのスピン伝導メカニズムの詳細は明らかにされていなかった。

今回の研究では,ゲルマニウム中の不純物ドーピング量を意図的に変化させた複数の素子を用いて,純スピン流伝導を高感度に検出した結果,ゲルマニウム中のスピン伝導が,不純物原子がつくるスピン軌道相互作用を介したポテンシャルの影響を受けて散乱されることを実験的に突き止めた。

これは,最近提案された理論と整合するものであり,ゲルマニウムスピントロニクス素子の実現に向けた重要な物理が解明され,半導体素子の高速化と低消費電力化に近づいたことを意味しているとしている。

その他関連ニュース

  • JAIST,量子センサーで熱磁気流を観測 2022年01月05日
  • JAEA,スピントロニクスを省電力化する原理を発見 2021年12月27日
  • 岡山大ら,高臨界温度のスピン三重項超伝導を発見 2021年12月23日
  • 東工大ら,三角格子磁性半導体で異常ホール巨大化 2021年12月23日
  • 豊技大,スピン波の広帯域化・高強度化構造を確立 2021年12月16日
  • 東大ら,枠組みを超えた超伝導クーパー対状態を発見 2021年12月10日
  • 東北大ら,脳型コンピューターに向け新素子を開発 2021年12月01日
  • 理研ら,室温で単一スキルミオンの電流駆動に成功 2021年11月26日