可視光応答型ハイドロキシアパタイト系光触媒

3. まとめ

アパタイトのカルシウムの一部をバナジウムで置換したバナジウムアパタイトは,可視光照射下において光触媒活性を有することがわかった。近年,可視光応答型光触媒の開発は進み,他の光触媒材料と差別化しなくては意味がない。アパタイトは,有機物に対する高い吸着能,高い生体親和性を有していることから,他の光触媒材料では成し得ない応用が期待される。そのために,今後は,本稿で述べた光触媒能の評価法だけでなく,多角的な評価していくことが課題である。

謝辞

大腸菌に対する抗菌試験は,(独)物質・材料研究機構ナノテクノロジー融合ステーションの箕輪貴司氏の協力の下,行いました。深く感謝申し上げます。

参考文献
1)M, Tsukada, M. Wakamura, N, Yoshida, T. Watanabe, J. Mol. Catal. A Chem. 2011, 338, 18-23
2)M. Wakamura, K. Hashimoto, T. Watanabe, Langmuir, 2003, 19, 3428-3431

3)M. Nishikawa, L. H. Tan, Y. Nakabayashi, T. Hasegawa, W. Shiroishi, S. Kawahara, N. Saito, A. Nosaka, Y. Nosaka, J. Photochem. Photobio. A Chem. 2015, 311, 30-34

■Visible-light responsive Hydroxyapatite based photocatalysts
■Masami Nishikawa

■Nagaoka University of Technology

ニシカワ マサミ

所属:長岡技術科学大学

(月刊OPTRONICS 2015年12月号)

このコーナーの研究は技術移転を目指すものが中心で,実用化に向けた共同研究パートナーを求めています。掲載した研究に興味があり,執筆者とコンタクトを希望される方は編集部までご連絡ください。
また,このコーナーへの掲載を希望する研究をお持ちの若手研究者注)も随時募集しております。こちらもご連絡をお待ちしております。
月刊OPTRONICS編集部メールアドレス:editor@optronics.co.jp
注)若手研究者とは概ね40歳くらいまでを想定していますが,まずはお問い合わせください。

同じカテゴリの連載記事

  • 次世代ウェアラブルのための皮膚表面の光制御 東京大学 松久 直司 2023年01月10日
  • 放射線耐性に優れた宇宙用太陽電池に向けて:III 族窒化物太陽電池の可能性 工学院大学 屋山 巴 2022年12月27日
  • メタマテリアル熱電変換 東京農工大学 久保 若奈 2022年11月17日
  • 光周波数コムを用いた光フェーズドアレイ 電気通信大学 加藤 峰士 2022年10月17日
  • 幅広い応用が期待される赤外光ファイバーセンサーを目指して 核融合科学研究所 上原日和 秋田県立大学 合谷賢治 2022年09月05日
  • 流体計測画像におけるノイズ減算 早稲田大学 松田佑 2022年08月04日
  • 力を光に変換:応力発光を用いた応力分布可視化技術 (国研)産業技術総合研究所 藤尾 侑輝 2022年06月30日
  • 医療診断機器開発に向けた超低エネルギー生体非侵襲レーザー加振 近畿大学 三上 勝大 2022年06月07日