光響,省スペース化ビームプロファイラを発売

光響は,狭い空間でのレーザーやLEDなどの各種光源を高精度に測定・分析・評価できる大口径・高出力対応ビームプロファイラ「LaseView-LHB-25」の発売を2022年5月11日から開始することを発表した(ニュースリリース)。

この製品は,シリーズ標準品である大口径・高出力対応ビームプロファイラ「LaseView-LHB」の基本性能をベースに,狭い空間での光源測定に対応すべく,各種改良を加え,開発されたもの。

企業の研究開発・教育分野等では,レーザー・ビーム光を施設内の狭域スペースで用いるが,既存の同社製の大口径製品の大型受光面では,狭い空間での光を正確に捕捉できないケースがあったという。

この製品は,受光面の縦横長さを従来品の1/2サイズとして感度を改良する事で光源を正確に捕捉でき,従来品より高い光学分解能とすることができ,正確な光源評価を行なえるとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・ビームプロファイルやビーム径を簡単測定
・大口径のレーザー測定が可能
・低出力から高出力までのレーザー測定が可能
・スペックル(キラキラ輝く明暗の斑点模様)の低減機能付き
・ビームプロファイラwith M2プラットフォームソフト(LaseView)付き
・高耐熱スクリーンによる高出力ビーム対応

この製品の主な用途は以下のとおり。
・各種高出力レーザー(レーザークリーナ・レーザー加工機等)の検査,メンテナンス
・加工用レーザーのビームプロファイル測定
・LEDのCW連続及びパルス発光評価測定
・半導体レーザーの発光評価測定
・LiDARの評価
・光ピックアップのビーム評価測定
・スキャンレーザーの位置測定

なお,この製品は1週間レンタルも行なうとしている。

その他関連ニュース

  • オフィールジャパン,ビームプロファイラーを発表 2022年02月09日
  • 光響,赤外域波長のビーム測定用カメラを発売 2021年11月02日
  • 光響,大口径・高出力対応ビームプロファイラ発売 2021年04月15日
  • 光響,「CODE V」と測定装置のセットを発売 2021年04月12日
  • 光響,ビームプロファイラの新モデルを発売 2021年02月10日
  • 光響,ビームプロファイラを発売 2021年01月29日
  • 光響,減衰光学系セットを発売 2020年07月29日
  • 光響,600Wファイバーレーザー用ビームプロファイラを販売 2017年06月28日