光響,ビーム径測定カメラシリーズを拡充

光響は,レーザービーム径,M2ビーム品質等の測定に用いる「LaseViewカメラセットシリーズ」の新製品「LaseView-CA-MIRシリーズ」の販売を9月22日から開始すると発表した(ニュースリリース)。

このシリーズがカバーする中赤外域波長(2~16μm)は,主に通信・医療・ヘルスケア・センシング分野での分光計測,顕微鏡等の製品開発・性能検査等に利用され,製品機能・品質の維持・向上が期待されるという。

このシリーズの詳細は以下のとおり。
・「LaseView-CA30-MIR」画素数:160×120,画素サイズ:25μm,アクティブ・エリア:4×3mm2,ビーム径測定範囲:150um~3mm,フレームレート:9Hz,インターフェース:USB
・「LaseView-CA70-MIR」画素数:384×288,画素サイズ:25μm,アクティブ・エリア:9.6×7.2mm2,ビーム径測定範囲:150um~7mm,フレームレート:50Hz,インターフェース:USB(2cables)
・「LaseView-CA80-MIR」画素数:640×480,画素サイズ:17μm,アクティブ・エリア:10.88×8.16mm2,ビーム径測定範囲:100um~8mm,フレームレート:50Hz,インターフェース:USB(2cables)
・「LaseView-CA120-MIR」画素数:1024×768,画素サイズ:15μm,アクティブ・エリア:15.36×11.52mm2,ビーム径測定範囲:90um~12mm,フレームレート:50Hz,インターフェース:HDMI

このシリーズの主な特長は以下のとおり。
・波長:2~16μm
・ビーム径測定可能
・M2ビーム品質の解析機能付き
・ビーム広がり角の解析機能付き
・画像ロギング機能付き
・ビームポインティング経時変化の解析機能付き

その他関連ニュース

  • アストロン,ビームダンプを発売 2020年10月12日
  • 光響,減衰光学系セットを発売 2020年07月29日
  • エドモンド,レーザービームシェイパーを発売 2019年10月18日
  • 府大ら,細菌検出の光濃縮システムを小型化 2019年10月15日
  • 理研ら,マイクロ流路で泳ぐ微生物をラマン観察 2019年07月09日
  • 阪大ら,電子バレーを圧力制御し熱電性能を向上 2019年06月10日
  • 都市大,レーザーで1/100Hzの超低周波を測定 2019年05月28日
  • NSG,モバイルリアルタイムPCR装置を発売 2019年04月11日