光響,レーザー加工サービスの提供開始

光響は,同社製フェムト秒レーザー光源とサブミクロン分解能ステージとで構成した「精密レーザー加工機」を京大桂ベンチャープラザに設置し,「3波長フェムト秒レーザー加工ソリューションサービス」を開始することを発表した(ニュースリリース)。

このサービスは主にレーザー加工に解を求める先端産業技術者をターゲットユーザーとし,従来の受託加工に留まらずアプリケーションマッチングテストを始め工法開発支援と生産技術アドバイス・受託研究・開発までを引き受けるという。大学や研究機関と強い繋がりを持つ同社ならではという技術サービスで,ユーザー目線での試作機開発コンサルタントと試作機製作が引受可能だとしている。

精密レーザー加工機の主な特長は以下のとおり。
・パルス幅可変な3波長フェムト秒レーザー光源により各種素材にベストカップリングなレーザー光の選択が可能
・サブミクロン分解能ステージとフルデジタルガルバノスキャナーを装備し,共通データ利用可能
・高速レーザーコントローラーによる等ピッチパルスオンデマンド加工が可能
・空間位相変調器(LCOS-SLM)利用可能(NIR)

精密レーザー加工機の主な用途は以下のとおり。
・金属,セラミクス,樹脂へのコールドアブレーション加工
・薄膜加工,透明体への多光子吸収プロセス加工
・ナノ周期構造加工,生体模写加工
・各種機能付与テクスチャー加工
・有機ELやMicroLED等のディスプレー製造プロセス
・電子バイス用フレキシブルプリント基板試作,開発向けパターニング加工

その他関連ニュース

  • 光響,200Wレーザークリーナーを強力化 2022年05月17日
  • SP,量子科学向けレーザー/ダブラ―を発表 2022年05月11日
  • SP,50Wグリーンピコ/UVフェムトレーザーを発売 2022年04月27日
  • 浜ホト,世界最大級・高耐熱性のCW向けSLMを開発 2022年04月12日
  • 理研,世界最高出力のアト秒レーザーを開発 2022年03月24日
  • 三菱電機,5G向けDFBレーザーを開発 2022年03月08日
  • 電通大,世界最高密度の量子ドットレーザーを開発 2022年02月01日
  • 東大ら,電波望遠鏡用モスアイ構造をレーザー加工 2022年01月27日