光響,レーザー保護パーティションを発売

光響は,レーザー装置を使った作業におけるレーザーからの防護を目的とする「レーザー保護パーティション」の販売を開始した(ニュースリリース)。「部材セット販売(送料含む)」は78,000円,「完成品販売(送料別)」は98,000円(いずれも税抜)。

この製品は,同社製「レーザークリーナー」や「レーザーマーカー・レーザー溶接機」等のレーザー製品の使用時に,作業をパーティション外から安全に観察する目的で開発された。

レーザー光などの反射,散乱等の偶発的な事態からパーティション外の観察者の目を防護する製品で,一人作業になりやすいレーザー作業の安全管理にも有効な備品だとする。観察窓はレーザー波長に合った透過パネルを選択可能(ユーザーが使用レーザー波長を指定)。また,ストッパー付きキャスター装備で移動が容易だという。

遮光パネル(緑・透明)の遮へい波長は200–400nm,850-1200nm,遮光パネル(赤・透明)の遮へい波長は480–550nm。

この製品の主な仕様は以下のとおり。
・覗き窓の大きさ:940x400mm
・覗き窓の性能:OD6(950-1150nm)
・視感透過率(%):31%
・難燃,自己消火性:UL94-V0
・外形:1000x1800x560mm
・総重量:10kg

その他関連ニュース

  • 光響,100Wレーザーエングレービングを発売 2021年05月18日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 光響,UVレーザークリーナーを発売
    光響,UVレーザークリーナーを発売 2021年02月15日