光響,低速自動運転向けLiDARを発売

光響は,中国Livox Technologyの正規輸入代理店として,最新モデルのLiDARである「Mid-70」の販売を開始した(製品ページ)。

この製品は,電動車いすなどの低速自動運転や,自動搬送・AIデリバリーなどモバイルロボティックスの応用分野に特化して製品設計を行ない,開発された。垂直方向の視野角を大幅に拡張し,死角をより狭く,至近距離でのスキャン精度をさらに高め,低反射率の対象の検知などで優れた性能を発揮するという。

ローコスト,ハイパフォーマンスの特長を引継ぎ,より安全な自動運転への実現をサポートするとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・広視野角
・至近距離検知
・高精度
・前方及び側方至近距離検知

この製品の主な用途は以下のとおり。
・自動運転(空港,ショッピングモール,病院等)
・サービスロボット
・無人ミニバス
・電動車いす
・AIデリバリー
・モバイルロボティックス他

その他関連ニュース

  • 横国大ら,新方式ライダーを開発 2021年10月25日
  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • 北陽電機,LiDARスタートアップと協業 2021年09月29日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 光響,地上設置型LiDARを発売 2021年08月26日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日