光響,100Wレーザークリーナーをリニューアル

光響は,同社が販売する「カスタム可能な100Wレーザークリーナー」を全面リニューアルすることを発表した(製品ページ)。

新たな製品は従来品と比べて,照射エリアを極小化(最小0.1×0.1mm)することができ,繰返し周波数の可変化機能を標準搭載した点が特長。最小0.1×0.1mm~最大300x300mmサイズの様々な汚れ(サビ・酸化物・ペイント・グリース・塗装・セメント等)をパルスレーザー照射により除去し,優れたクリーニング品質を実現するとしている。

構成を根本から見直すことで,製品サイズ・重量を大幅に小型・軽量化して移動性を高め,リーズナブルで競争力のある価格を実現したという。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・照射エリアを微細化:(リニューアル前)最小:1×1mm,(リニューアル後)最小:0.1×0.1mm(オプション機能)
・繰返し周波数の可変機能を標準搭載:様々なタイプの汚れ除去へ対応
・サイズのコンパクト化:(リニューアル前)W540×D600xH900mm/約78kg,(リニューアル後)W525xD620xH500mm/約50kg

この製品の主な用途は以下のとおり。
・金型等のサビ・金属酸化物・ペイントの除去
・酸化膜・油分・グリース・木材の汚れ除去
・ガラスのコーティングの除去
・コーティング前の前処理
・ハンダ・溶接前の脱脂
・溶接後の溶接焼けのクリーニング

その他関連ニュース

  • 光響,200Wレーザークリーナーを発売 2021年09月27日
  • 光響,CW 500Wレーザークリーナーを発売 2021年09月14日
  • フォトテクニカ,短パルス高精度計測機器を発売 2021年06月15日
  • アストロン,ポータブルレーザー洗浄機を発売 2021年04月12日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,ジッターフリーな超短パルス電子源を開発 2020年12月07日
  • 工繊大,10兆分の1秒画像の撮影時間を倍に 2020年11月16日
  • 分子研,レーザーで「金属状の量子気体」創出 2020年06月23日