光響,バタフライ型FBG半導体レーザーを発売

光響は,「808nmバタフライ型FBG半導体レーザー(SMタイプ)」の販売を開始した(製品ページ)。価格は240,000円(税抜き)。

Type1配列の14ピンバタフライパッケージ,ファイバーブラックグレーティング(FBG)付きファイバーピグテール,ナローキー付きFC/APCコネクタで構成されており,FBGを標準構成とすることで,半値全幅(FWHM)~0.2nmの発振線幅となっている。また,取り回しの良いベアファイバータイプだという。

同社が販売する「モード同期Ndファイバーレーザーキット」の励起光源や他社製ファイバーレーザー向け励起・シード光源としての需要が見込まれるとしている。

この製品の主な用途は以下のとおり。
・ファイバーレーザー用励起・シード光源
・リモートセンシング
・バイオイメージング

その他関連ニュース

  • ローム,LiDAR向け高出力LDを開発 2021年07月15日
  • 【OPIE】NEDO,青色レーザーの銅加工をデモ 2021年06月30日
  • 光響,FBG半導体レーザーを発売 2020年05月27日
  • コヒレント,産業用半導体レーザーをリリース 2020年04月28日
  • 名城大ら,UV-B半導体レーザーを開発 2020年02月19日
  • フェニックス電機,CFRP表面処理LDユニットを開発 2019年11月29日
  • 浜ホト,テラヘルツ半導体レーザーを実現 2019年11月13日
  • ルミネックス,周波数ロックレーザー発売 2019年09月30日