光響,減衰光学系セットを発売


光響は,「ビームプロファイラ用ビームスプリッタ付き減衰光学系セット(LaseViewカメラセットシリーズ用)」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は250,000円(税抜き)。

この製品の用途は高強度・高出力レーザー光の減光・減衰。高出力レーザー光を測定強度まで効果的に減衰できる点が特長で,レーザー光を測定する際のCCDカメラの故障リスクを減らすとしている。同社が販売する「ビームスプリッタ付き減衰光学系セット(OAS-CA50)」と比べてパワー不足を改善し(<100W),波長範囲を広げることで(350-700nm又は650-1050nm),利用面での機能を改善しているという。

「LaseView」は,ビームプロファイラwithM2プラットフォームソフトで,直感的に使用できるビームプロファイラソフト。「LaseViewカメラセットシリーズ」は,レーザーの波長帯,直径,パルス/CWなど様々な条件に最適なカメラがセットになっている。使用環境に応じて簡単にビームプロファイル観測系を構築できるとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・LaseViewカメラセットシリーズ(LaseView-CA50-NCG)対応
・波長範囲:350-700nm(又は650-1050nm)
・パワーの目安:<100W
・NDフィルタ付属:OD=2.0,3.0,4.0,5.0
・カメラに直接取り付け可能

その他関連ニュース

  • 光響,大口径・高出力対応ビームプロファイラ発売 2021年04月15日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 光響,「CODE V」と測定装置のセットを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日