光響,レーザー防護服を発売


光響は,レーザー装置を使った作業におけるレーザーからの防護を目的とする「レーザー防護服」の販売を開始した(製品ページ)。価格は49,800円(税抜き)。

同社の製品である「レーザークリーナー」の安全防護用に開発し,作業時のレーザーによる輻射熱を反射させる構造となっている。表面は金属などが引っかかりにくいアルミコーティング仕様で,消防服にも使用される高耐熱性の素材を採用している。最大400℃の耐熱温度により,レーザー装置をより安全に使用することができるとしている。

標準ラインナップは,体の正面を保護するエプロン型(サイズ:丈90×袖丈70×裾周り105cm)となる。オプションとして,エプロン型防護服のポケット付き(フタ付き,腹部左右1個)があり,ポケット付きに限り,左腕に会社名などの刺繍が可能だという。その他,「フード」「グローブ」,足元下半身用「ローハイド」「ケーブルカバー」などの相談も受け付けるとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,CW 500Wレーザークリーナーを発売 2021年09月14日
  • トプティカらのレーザー,天文台の試験に合格 2021年09月13日
  • 光響,レーザー加工サービスの提供開始 2021年09月07日
  • オプトクエスト,近赤外SC光源を発売 2021年09月02日
  • アストロン,ハンドヘルドレーザー溶接機を発売 2021年08月26日
  • 浜ホト,ガス検知向けに世界最小のQCLを開発 2021年08月18日
  • 阪大ら,10億気圧の光のエネルギー閉込めに知見 2021年07月07日
  • 浜ホト,世界最高出力の産業用パルスレーザー開発 2021年06月28日