光響,グリーンレーザーマーカーキットを発売

光響は,光源に比較的短波長が特長のグリーンレーザーを用いた「グリーンレーザーマーカーキット」の発売を開始した(ニュースリリース)。価格は1,980,000円(税抜)。

一般的なマーカーは基本波(1064nm)を用いており,基本波の表面吸収率が低い金(Au)等の材料は不得意だとされている。第二高調波(SHG:532nm)を用いたグリーンレーザーは,基本波では加工が難しいとされてきた金(Au)や銅(Cu)の他,樹脂,セラミック等様々な素材への微細加工も期待できる。

この製品はレーザー光源・ガルバノスキャナーミラー・fθレンズ等で構成されるシンプルな設計。AC100V家庭コンセントへ接続するだけで稼働し,グリーンレーザーの照射により,素材を高速加工できる。

ランニングコストは電気代のみで利便性に優れており,各種素材への加工・印字・マーキング等の他,試作品開発・小ロット製造にも利用可能だとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・安価
・購入後のカスタム化が可能
・ガルバノスキャナーミラーによる高速マーキング
・AC100V家庭コンセントで稼働(ランニングコスト:電気代のみ)
・空冷タイプ
・メンテナンス及び消耗品は不要

この製品でレーザーマーキングできる主な素材は以下の通り。
・金,銅素材
・電子部品
・衛生陶器
・指輪,アクセサリー
・その他,合成ゴム,段ボール,人工皮,超硬合金,ガラス等

その他関連ニュース

  • 港空研ら,グリーンレーザースキャナーで海底計測 2021年04月05日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • 光響,高精度ファイバーレーザー加工機を発売 2021年03月01日
  • 浜ホト,自由度の高いレーザー加熱加工装置を開発 2021年02月26日
  • 光響,UVレーザーマーカーを発売 2021年02月24日
  • ビデオジェット,レーザー缶印字システムを発売 2021年02月17日
  • 古河電工ら,モーター用レーザー溶接機を開発 2020年11月27日
  • リコー,高出力レーザーマーカーを開発 2020年08月21日