光響,極微細用レーザーマーカーを発売

光響は,「極微細用SLM型グリーンレーザーマーカー」の販売を開始した(製品ページ)。

空間光位相変調器「LCOS-SLM」とレーザーマーカーを組み合わせた極微細なマーキング装置で,数μmレベルの微細マーキングを実現し,任意のレーザービームパターンを作ることができるという。

ガルバノスキャナを用いたレーザー走査とは根本的に異なり,「LCOS-SLM」によるレーザー一括描画(スタンプ)を行なう超高速レーザーマーカーで,高精度・高分解能な極微細マーキングを実現できるとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・レーザー走査なしのスタンプ型レーザーマーキング
・高精度で高分解能な極微細レーザーマーキング

この製品の主な用途は以下の通り。
・動いている対象物へのマーキング
・トレーサビリティ
・偽造防止

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー加工サービスの提供開始 2021年09月07日
  • SP,サンプル加工可能なアプリケーションラボ開設 2021年09月01日
  • ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業 2021年07月27日
  • 分子研ら,超小型レーザーピーニング装置を開発 2021年07月15日
  • 【OPIE】NEDO,青色レーザーの銅加工をデモ 2021年06月30日
  • 阪大ら,レーザーで液体金属の様子を直接観察 2021年05月24日
  • 古河電工と日亜化学,青色レーザー加工で長期提携 2021年04月27日
  • 光響,5W UVレーザーマーカーを発売 2021年04月21日