光響,「ラマン分光学習キット」を発売

光響は,物質分析に利用されるラマン効果を体験できる「ラマン分光学習キット」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は980,000円(税抜)。

遮光用ボックスにCCDカメラやレンズ等をコンパクトに収納し,レーザー光源,対物レンズ等と効果的に組み合わせるシンプルな構成で,初期段階の物質構造の分析作業を体験できる。

必要部材を組み立てることで,ラマン分光と分光器についての基礎知識の習得が可能。主な用途は,各種物質の評価・分析(無機・有機化合物,固体・液体等)で,大学等のアカデミック分野での使用を想定しているという。

この製品は電気通信大学教授,米田仁紀氏の監修による。なお,米田氏はセミナー「ラマン散乱分光装置製作のコース」を4月24日9:30~,光技術展示会「OPIE」にて開催する。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】QDレーザのマルチカラーレーザー光源 2021年11月17日
  • SP,80W UVハイブリッドファイバーレーザー発表 2021年11月17日
  • SP,バイオイメージング向けレーザーの機能拡張 2021年11月09日
  • QDレーザ,小型マルチカラーレーザー光源を発売 2021年11月08日
  • 浜ホト,小型ビームパターン光源を高密度集積 2021年10月26日
  • 三菱,広動作温度範囲CWDM 100Gb/sチップ開発 2021年10月26日
  • 農工大ら,化粧品の皮膚への浸透評価系を確立 2021年10月11日
  • 光響,CW 500Wレーザークリーナーを発売 2021年09月14日