光響,「光ピンセットキット」の販売を開始

光響は,微粒子レベルの小型物質を制御する「光ピンセットキット」の販売を開始した(ニュースリリース)。

光ピンセットは,レーザー光の輻射圧を用いて表面に触れることなく物質を捕獲・動かせる技術。主に,生命科学,ナノ・マイクロ加工等の先端分野での利用が想定され,技術革新に繋がることが期待されている。

電気通信大学主催の「レーザー体験実習型教育プログラム」で用いられる「光ピンセットプログラム」をベースに光響が実用化。キットには,レーザー照射系,レーザー集光光学系,観測光学系等の必要機材が含まれ,購入後はマニュアルに沿って組み立てることにより,光ピンセットが完成する。

1ビーム(グリーンレーザー)方式で,小型ボード上に機材がコンパクトに搭載され,マイクロ・メーターレベルの物質を制御することができる。学生の実験や教材等としての活用を想定しているという。

その他関連ニュース

  • OIST,海水中のマイクロプラを光学的手法で確認 2020年12月24日
  • OIST,ナノ粒子を捕捉する光ピンセットを開発 2020年07月27日
  • 九工大ら,光学顕微鏡で水中のナノシートを評価 2019年05月07日
  • 中高生にもわかる今年のノーベル物理学賞 その2(光ピンセット編) 2018年10月15日
  • 2018ノーベル物理学賞,光ピンセットと超高強度・超短パルスレーザーに 2018年10月02日
  • 市大,100nm以下を扱える光ピンセットを開発 2017年09月29日