光響,加工用グリーンフェムト秒レーザーキットを発売


光響は,高繰り返し,高パルスエネルギーを特長とする「加工用グリーンフェムト秒レーザーキット」の販売を3月1日から開始した(製品ページ)。

この製品には,販売中の「小型モード同期Ybファイバーレーザーキット(同社オリジナル製品)」「チャープパルス増幅システム」等の必要機器一式が含まれており,購入後はマニュアルに添う組み立てでグリーンフェムト秒レーザーが完成する。グリーンフェムト秒レーザーは,低熱量,金属系素材への高い吸収特性が特長で,他レーザーと比べて高精度の品質で加工できるとする。

この製品の特長は以下の通り。
・中心波長(513nm)
・平均出力(圧縮器出力)(<2W)
・パルスエネルギー(≦40uJ)
・繰り返し周波数可変(1kHz~1MHz)
・パルス幅可変(500fs~5ps)
・フェムト秒レーザー発振器・パルス伸長器・再生増幅器・パルス圧縮器のカスタム可能
・波長1μmレーザーとグリーンレーザーの切り替え可能
・UVへの変換可能

この製品は,加工用途(微細・非熱・薄膜等)の他,レーザー光源・再生増幅器・パルス圧縮器の開発ノウハウ習得にも利用でき,購入後のカスタム(自作)化,調整・修理が可能としている。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 港空研ら,グリーンレーザースキャナーで海底計測 2021年04月05日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日